一般社団法人日本長距離フェリー協会
english
日本長距離フェリー協会からのお知らせ

CO2排出量計算のページを更新しました
陸上輸送を中心とした輸送形態から、陸上輸送+海上輸送に転換(シフト)し、CO2の排出量を抑えようとする「Mordal Shift(モーダルシフト)」が進められています。「モーダルシフト」に移行した場合、CO2はどれだけ削減されるのでしょうか。出発地から目的地まで走行距離を算出、CO2排出量を計算します。さらにCO2排出量の比較ができる他、どれだけCO2を減らしたか、削減率も表示します。令和5年5月17日国土交通省発表の「運輸部門における二酸化炭素排出量」の数値データ使用した最新版はここからどうぞ。
モーダルシフトについて    CO2排出量計算ページへ進む






長距離フェリーへ各社へのリンクは下記のファンネル(煙突)をクリックしてください。
快適な船旅を味わっていただくためのQA集です。

2024年度版
パンフレットダウンロード

<2024年6月1日更新>
(ファイル容量:17.9MB)
2024pamphlet
画像クリックでダウンロード
A4見開き(A3横 8ページ)

A4縦16ページ
A4プリンター用はこちらから(ファイル容量:17.9MB)



「エコシップ・モーダルシフト事業実行委員会」のホームページです。
フェリー事業者やRORO船、コンテナ船、自動車船事業者等で組織するエコシップ・モーダルシフト事業実行委員会が運営するホームページです。海上輸送を通じて環境対策に貢献する企業の証が「エコシップマーク」です。エコシップマークは海上輸送を通じて貢献する企業の環境対策を応援します。
今年で15回目となる令和5年度「エコシップマーク」の優良事業者46社(荷主23社、物流事業者23社)を決定しました。 詳細はエコシップのホームページhttp://ecoship.jpをご覧ください。

CO2排出量計算
CO2排出量を計算します。船舶(フェリー)を併用した場合、CO2の排出量が大幅に削減されます。実際にどのくらい削減されるか試してみませんか?



長距離フェリーのプロモーション動画をご用意しました。
ここからご覧ください。